ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
専門学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

夏の専門学校情報

ブライダル専門学校を出てウエディングプランナーになろう



学歴ではなく保有資格が武器になるウエディングプランナー。資格を保有することで、就職試験において有利になったり、転職時に条件面で優遇されたりすることもあります。資格取得に向けた勉強で身に付けた知識は、現場で役立つ実践的な内容。就業後、最初から第一線でバリバリ働くためには、資格取得に強いブライダル専門学校に通いながら、即戦力として働ける知識や技術を得ることが有益な手段です。

ウエディングプランナーを育てるブライダル専門学校

ウエディングプランナーを育てるブライダル専門学校

ウエディングプランナーとは、お客様の要望に沿った結婚式や披露宴の企画・運営を行なう専門家のこと。学歴を問われないため、現場経験を積みながら活躍しているウエディングプランナーもいます。

また、短大や大学に進学して将来的にブライダル業界への就職を目指す人もいますが、ウエディングプランナーについて専門的に学べる短大や大学は多くありません。短大や大学では、ブライダルに特化した講義・実習・資格取得を支援する体制が十分に整っているとまでは言えないのが現状です。

一方、ブライダル専門学校は、学ぶ内容をブライダルに特化しているため、実践的な知識や技術を学ぶことができ、現場で役立つ資格の取得を支援してくれる教育機関。

ウエディングプランナーを養成するための学科・専攻が設けられており、必要な知識・技能を2年間かけて修得していくのが一般的です。

資格取得を含め、即戦力として働くためのノウハウを身に付けることを目的としたカリキュラムが組まれていることもあり、ブライダル専門学校で学んだことを現場で活かしていくことが可能。ブライダル専門学校には、ブライダル業界における現場経験豊かな講師陣が揃っているため、本気でウエディングプランナーを目指す人に選ばれています。

ブライダル専門学校で取得支援のあるウエディングプランナー資格

ブライダル専門学校では、授業後に小テストなどを行なって知識を定着させ、直前対策講座や個別指導を実施するなど、学生の資格取得を支援する環境が整えられています。

主要なものは、一般社団法人IWPA国際ウエディングプランナー協会(以下、IWPA)が定める資格。IWPAは、日本の数あるブライダル協会の中でも、現場を熟知した専門家が集まった組織であり、その信頼の高さから、大手のブライダル専門学校ではIWPAのテキストを中心に教育が行なわれているのです。

IWPAウエディングプランナー英国資格

儀式としての結婚式を重んじるイギリスのウエディングプランナー協会が作成したウエディングプランナー養成課程をベースにして、日本の結婚式・披露宴で需要が高い事柄を加えたIWPAの認定資格です。

日本のブライダル業界に多大な影響を与えてきた欧米式ブライダルの由来や内容などについての知識を身に付けることで、お客様への提案力が向上します。

この資格は、イギリスでフリーランスのウエディングプランナーを教育することを目的に作られたもので、日本で取得している人の約8割が現役のウエディングプランナー。

将来フリーランスとして働きたい人も含め、現場を経験している人のほとんどが取得している資格と言えます。実務経験は不要で、誰でも挑戦できますが、全20時間を受講して習得確認レポートを提出することが合格の条件です。

ウエディングプランナー資格(1級・2級)

内閣府が認可する団体一般財団法人職業技能振興会と、IWPAが共催する資格検定。2種類あり、初心者用の2級は、ウエディングプランナーやブライダル全般の基本的な知識を問われる、比較的取得しやすい資格です。

上級者用の1級は2級の内容に加えて営業や打ち合わせ業務などを行なえる高度な知識と技術を有しているかを確認されます。

公式テキストは、実務を重視した内容になっているため、資格取得のための勉強を通じて実務で必要な知識を網羅することが可能。18歳以上で、ウエディングプランナーに興味がある人なら誰でも受験できます。

2級を取得しないで、いきなり1級に挑戦することもできますが、合格するには試験時間60分、120問の試験で75%以上の正答率が必要。このことから、ウエディングプランナー資格の1級は、IWPAウエディングプランナー英国資格よりも難易度は高いと言えるのです。

ブライダル専門学校で学ぶ夏に人気の演出

ブライダル業界のトレンドについて学べるブライダル専門学校の授業は、座学だけではありません。実際のホテルや結婚式場で現場実習を行なったり、学生だけで模擬や本番の結婚式を準備・運営したりする発表会もあります。

発表会では、学生たち自らが結婚式や披露宴を取り仕切ることで、季節に合った様々な演出を体得していくのです。夏の要素を盛り込んだ発表会で、実際に行なわれた結婚式の演出には以下のような物があります。

衣装

黄色や水色、黄緑色など夏らしい明るい色のカラードレスを使ったり、透け感のあるオーガンジーの打掛を取り入れたりして、「お色直し」の衣装にも夏らしさを演出しています。

お色直しは、結婚式中に新郎新婦が衣装替えをするだけのことと思われがちですが、実は深い意味のある演出です。日本特有の婚礼文化であるお色直しの起源は奈良時代ごろ。

結婚して3日間白無垢を着た後、4日目からは「嫁ぎ先の家に染まる」という意味で色打掛を着る習慣に由来しています。婚礼衣装が洋装になった現代も、カラードレスとして伝統が受け継がれているのです。

装花

夏が最盛期の向日葵で会場内を飾ったり、ゲストの卓上に夏向きの涼しげな印象を与える水中花を置いたりする装花が行なわれています。

新婦が手に持つブーケや新郎の胸ポケットに飾るブートニアも、夏の花でアレンジ。ブーケとブートニアは、男性が摘んだ野の花をブーケにしてプロポーズのときに差し出し、結婚を承諾した女性がブーケの中から1輪抜いて男性の胸に挿したことがその由来です。

料理サービス

新郎新婦がウエディングケーキにナイフを入れる「ケーキ入刀」のセレモニーで、ケーキの代わりに夏が旬のスイカを使う演出もあります。

ケーキ入刀の意味には諸説あり、主婦になったばかりの花嫁が自分で焼いたケーキをお客様にふるまった欧米の慣習や、夫婦初めての共同作業としてお客様へ幸せのおすそ分けをするといったことなどが由来です。

ロード中
ロード中
ロード中

夏休みには、旅行に行ったり、思い切って髪型を変えてイメージを変えてみたりする人も多いのではないでしょうか。旅行、美容と私たちの身近な生活は、専門学校で資格を取って働く多くの職業の方に支えられています。

美容専門学校

美容専門学校

夏の暑い時期には、髪をさっぱりさせたいという理由などから、髪をバッサリと短く切る女性が多くいます。また、夏祭りには浴衣を着る女性が大勢いますが、美容院でのヘアアレンジが流行しており、浴衣用に合わせて美容院でセットする人も。そんな美容院でお客様をきれいにする美容師は、専門学校でないと取得できない資格です。

美容師として働くためには、美容師免許という国家資格を取得しなければなりません。この資格は、高校卒業後に2年間美容専門学校に通い、所定の課程を修了することで、国家試験を受けることが可能。国家試験は筆記と技術の両方があり、筆記には髪の毛の構成や薬剤にかかわる化学などの問題が出題されます。学校は基本的に昼の通学制が中心ですが、夜間の通学制や、通信制の専門学校もあり、これらは働きながら資格取得に向けて学ぶことが可能です。免許の取得後は、美容室に就職する人がほとんどですが、ブライダルのヘアメイクや、ヘアメイクアップアーティストとして働く人もいます。

美容院の場合、就職直後はアシスタントという見習いの位置付けとなり、先輩の手伝いや雑用をこなしながら、開店前や閉店後に練習をし、実際にお客様に施術をするスタイリストを目指すことになります。ハードな仕事ではありますが、身近な「手に職」という仕事の代表例と言っても過言ではありません。さらに、いつの時代も必要とされる職業であるため、自分の頑張り次第で収入を多く得たり、独立したりすることも可能な仕事だと言えます。

航空専門学校

夏は特に長期休暇を取ったり、夏休みを利用したりして海外旅行で飛行機に乗る人が多い季節。航空会社のサービスにはグランドスタッフ、キャビンアテンダント、航空機の整備士と多くの専門スタッフがかかわっており、航空業界を目指す学生のなかには、航空専門学校へと進学する学生が多くいます。

グランドスタッフやキャビンアテンダントなどは、航空専門学校の卒業が必須ではありませんが、航空専門学校は各エアライン企業や飛行機にかかわる大手重工業からの評価が高いため、就職率が高いことが特徴。また、航空業界では仕事によって国家資格が必要となり、その点でも航空専門学校に通うことは有利であると言えます。

例えば、航空機の整備を担当する整備士には「一等航空整備士」や「航空特殊無線技士」、「航空無線通信士」といった国家資格が必要。それだけでなく、航空機に積み込む貨物を運ぶフォークリフトなどの運転についても同じく国家資格である「フォークリフト運転技能者」を取得しなくてはなりません。

航空専門学校では、資格取得をサポートすると同時に、実際の空港と同じような広大な敷地を設けて、実習用の飛行機の地上滑走やグランドハンドリングと呼ばれる空港の地上での業務を実務で使用する機器を使用して実習を行なうことができ、即戦力となるスキルを身に付けることができるのがポイント。航空業界への進路を希望する高校生は航空専門学校への進学も検討すると視野が広がります。

公認会計士の日と収入アップや転職に繋がる士業について

7月6日は公認会計士の日です。1948年(昭和23年)の7月6日に公認会計士法が制定されたため、記念日としてこの日が公認会計士の日となりました。難関資格と言われる公認会計士をはじめとした「士業」。その資格を取得するための専門学校が多くあります。その中から人気のある資格を紹介しましょう。どの資格も取得は難しいですが、収入アップや転職、独立に結びつく資格ばかりです。

司法書士
登記業務、簡易裁判所での代理人としての弁論、和解などの裁判上の手続き、成年後見制度が主な活躍の場となります。比較的短期間で独立開業が可能な点が魅力。
税理士
税金のスペシャリストであり、税金に関する業務は税理士の独占業務。申告書の作成だけではなく、経営に携わるコンサルティング業務を行なうこともあります。
弁理士
知的財産権の専門家で、発明などをした者の権利を守る代理人であると同時に、知的財産権の取得などに必要な法的手続きや審判請求の代行などを主に行ないます。理系の知識が求められることが多い仕事です。
社会保険労務士
各社会保険の書類作成と事務代行、就業規則や賃金規定の作成等が主な業務。年金や人事・労務全般に関するコンサルタント業務も行ないます。

社会人は盆休み、学生は長期の夏休みがあり、夏はレジャーに出かける人が増える季節。出かけた先では普段触れ合わない人に出会うこともあるでしょう。そんなときに学生たちは、将来の目標となる職業に出会うかもしれません。夏に関連する職業と、その近道とも言える専門学校を紹介します。

トレンドを支える専門学校の学び

トレンドを支える専門学校の学び

暑い夏は、アイスクリームやかき氷などの冷たいスイーツが恋しくなる季節です。毎年新しいスタイル・味のアイスクリームやかき氷が誕生し話題になっています。製菓の高い技術を取得するパティシエの専門学校では、その基礎となる素材の知識や活用方法、調理に関する技術を多岐に亘って学ぶことになります。また、実習をかねて企業などからコラボレーションの提案があり、授業の課題として課されることも近年増えてきています。専門学校に在籍しながら商品開発に参加できるとあるので、こういった取り組みは学生のやる気も増すことでしょう。

さらに、年々暑さを増している夏には快適に過ごし、冷房による電力消費を抑えるよう、つる性の植物を活かした「グリーンカーテン」が近年企業や一般家庭で広がりを見せています。園芸系の専門学校では、庭のデザインだけでなく、環境に配慮した庭づくりの知識を得られます。園芸の知識を活かし、さわやかな緑地を管理、整備することは社会貢献にもつながります。

夏に役立つ知識も専門学校で

夏は祭りやイベントが各地で行なわれる季節です。日本の伝統技術や伝統美を見直す流れや、SNSで発信する人が増えたこと、2020年の東京オリンピックが世界から注目されていることもあって、花火大会などのイベントで浴衣を着る人も多くなっています。そんな浴衣の縫製を学べる専門学校があり、和裁士を養成していることはあまり知られていないことかもしれません。課題として取り組む制作物の多くは、着物に関する企業などから依頼を受けた実際の商品。しっかりとしたカリキュラムの中、緊張感を持って課題に取り組むことで、学生のうちからプロとしての意識を向上させています。それと同時に、技術を取得するまでにかかる費用が抑えられるのもメリットです。

また、海水浴や屋外でのイベントに出かける人が増えるのも夏です。解放感で注意力が散漫になったり、普段の生活とは異なる自然の中では、ときには思わぬ事故にあったりすることもあります。そんなときは、救急救命士の出番です。救急救命士になるにはいくつかの方法がありますが、救急救命士国家試験と公務員試験を受験し、合格する必要があります。総合的に学ぶことができるカリキュラムが整備されている専門学校で学ぶことは、人の役に立つ国家資格を取得する近道とも言えるでしょう。2つの試験に合格したら、次に消防学校を経て消防士となり、救急標準科研修を受けることで、晴れて救急隊員として勤務することができます。

夏のレジャーを支える資格取得

夏にはレジャーを楽しむ人が増えます。自然の中でキャンプなどを行なう際、森に生息する動植物のことを詳しく教えてくれる森林インストラクターにレクチャーを受けられることがあります。そんな森林インストラクターになるには、環境系の専門学校で学ぶことができます。

また、夏休みには、旅行に出かける人も多くいます。旅行会社が企画するツアー旅行は、知らない土地に行けたり、ときに安価で済ませたりできます。そんなツアー旅行には、添乗員やツアーコンダクターが同行します。添乗員として旅行に同行する場合、国内旅程管理主任者の資格が必要。実務経験が必要となる資格なので、旅行業への就職後に取得することが一般的です。しかし、旅行業界は人気の業種なので、旅行会社で働きたい場合には観光系の専門学校で学び、旅行業務取扱管理者という資格を取得しておくと有利になります。

海やプールに出かける予定に合わせ、水着をかっこ良く着る準備として、フィットネスクラブやスポーツジムに通う人も多くいます。効率的な指導のもとトレーニングすれば目標に短期間で近づけるでしょう。そういった指導を行なうのがトレーニング指導士です。トレーニング指導士は「トレーニング指導士養成講習会」を受講し、試験に合格することで認定されますが、取得条件のひとつとして体育系学部や学科の大学生、専門学校生に該当することが必要となります。体育系の専門学校で学びながら、スポーツジムなどでスポーツインストラクターのアルバイトをしている学生も少なくありません。総合的な知識を活かし、経験を積めるので効率的と言えます。


汗ばむ季節になると、専門学校では様々な実習が始まります。特に、校外実習は現場を知る良い機会となります。学生たちは、実習を通して現場での行動や考え方の大切さを学びます。また、学校としては次の入試の準備が始まります。多くの学校ではAO入試のエントリーが開始され、学生の受け入れ体制を整えます。

校外実習

校外実習

専門学校では資格取得のために、授業でいろいろな実習が行なわれますが、医療系や介護系で多く採用しているのが校外実習です。校外実習は、民間施設や学校の提携施設に出向いて、実際の現場で実習を行なうもので、患者や被介護者もその施設を利用している人たちが対象になります。多くの専門学校では、校外実習を人が活発に動く夏に実施しており、毎年多くの学生が現場でいろいろな経験を積みます。校内の設備を使っての実習は、比較的基礎的な内容が多いのに対し、校外実習ではこれまで学習した知識や技術を、実践で応用することが目的となります。道具の使い方ひとつでも、授業で使う場合と仕事で使う場合では、全く違ってきます。また、仕事の現場では想定外のこともいろいろなことが起こりうるので、様々なケースに対応する行動力が求められ、常に多くのことを考えながら行動することが重要となります。その一方で、実習を通して多くの人とふれあったり、心を通わせたりできるので、自分が目指す進路が明確になることがあります。学校内ではできない体験も多く、新たな発見があったり、価値観が変わったりする人も少なくありません。その上、実際の現場の雰囲気や日常のスタッフの動きなども目の当たりにするので、仕事に就いたときの姿も描きやすくなります。

この他、芸術系では歌舞伎や展覧会の鑑賞、ファッション系ではミュージカルの鑑賞、調理系ではホテルでテーブルマナーを学ぶなど、様々な校外実習が行なわれており、学生たちを魅了します。さらには、校外実習の内容をアピールして学生の募集に繋げているところもあり、PR活動の一環として捉えている専門学校もあります。学生にとっても実習での様子は思い出に残ることが多く、学生たちの学習意欲を高めたり、将来の目標をはっきりとさせるためにも、校外実習の成果は大きいと言えるでしょう。

AO入試にエントリー

AO入試にエントリー

夏になると、どこの専門学校もオープンキャンパスを開催し、夏休み期間中の高校生たちに学校の特徴をアピールします。最近ではAO入試のエントリーを夏から開始する専門学校が多くなっており、高校生たちの進路の決定時期も早くなっています。

AO入試は、学校側が求める理想の学生像であるアドミッション・ポリシーに、学生の学習意欲や入学希望などを照合して合否を決める入試方法です。国公立大学や私立大学でも多く採用しており、専門学校ではほとんどの学校が実施しています。

学校のアドミッション・ポリシーに適格であると思う学生は、自己推薦して入学の意志を学校側に伝えます。受験する際には自己推薦としてAO入試にエントリーすることが条件となっており、エントリーしたあとは、学校が課す小論文や自己推薦アピールを提出したり、面接を受けたりして合否が決まります。AO入試では、一般試験のように科目別の筆記試験はありませんが、エントリー時に、学校が規定する学力レベルや内申点などの条件を満たしていることが必要です。また、オープンキャンパスへの参加をエントリー条件としている学校もあります。学校側としては、学力評価よりも人物評価に重点を置いており、出願者の個性や学習意欲、学校への適性などで合否を判断します。

AO入試を考えている学生は、夏のオープンキャンパスを利用して学校をしっかり見て歩き、「この学校なら自分も成長できる」という手応えを感じたら、エントリーしてみてはいかがでしょう。なお、仮にAO入試で失敗しても、一般試験などの受験資格は与えられます。