ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
専門学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

専門学校情報(春)

新しいことを始める春!理学療法士の専門学校でリハビリの専門家に



大学や専門学校の学校案内でよく目にする理学療法士。国家資格であるため、大学や短大、専門学校で3年以上、必要な知識や技能を習得し、受験資格を得る必要があります。春は入学シーズン。今回は、理学療法士に興味があるという方や理学療法士を目指したいという方に、どのような仕事をする人なのか、どのような場所で活躍しているのかについてご紹介します。

春から専門学校で学ぶ!理学療法士について

春から専門学校で学ぶ!理学療法士について

理学療法士とは、簡単に言うと「リハビリをする人」です。しかし、実際どのような仕事をする人なのか、明確に理解している人は少ないのではないでしょうか。理学療法士は、「PT」と呼ばれることが多く、これは「Physical Therapist」の略。怪我や病気、高齢、障害などにより、運動機能が低下した状態の人に対し、リハビリを行なう専門職です。その方法として、体操や歩行訓練などの運動療法、電気刺激やマッサージ、温熱などの物理療法があります。

理学療法の目的は、主に運動機能の回復ですが、理学療法を受けた患者が全員、元の運動機能の状態に戻るわけではありません。理学療法で目指しているものは、日常生活動作(ADL)を高め、生活の質(QOL)を豊かにすることです。例えば、一人暮らしを望む高齢者が歩行困難な状態になった場合、理学療法を受けても元のように歩けるようにならず、一人暮らしができなくなる人もいます。しかし、理学療法士の役割は、これで終わりではありません。患者が望む一人暮らしの継続を目標にし、福祉用具を選んだり、日常生活動作の訓練を行なったりすることで、患者の生活の質を豊かにすることが、理学療法の目指すところです。理学療法士は、このように患者一人ひとりの思いを大切にし、リハビリの治療計画を立てなければなりません。専門学校では、知識や技術はもちろん、理学療法士としての患者へのかかわり方など、専門的技術を学ぶことが可能です。

専門学校から理学療法士が活躍する場とは

春から入学した専門学校で学び、理学療法士の資格を取得すると、理学療法士として必要とされる場所は多くあります。どのような場所で活躍できるのか、シミュレーションを行なうだけでも、理学療法士について専門学校で学ぶモチベーションに繋がるので知っておきましょう。

病院での理学療法士の活躍とは?

まず、一番多いのが病院。病院には、急性期・回復期・療養期という医療段階があり、配属先によっても理学療法士の役割は少しずつ異なります。急性期の病院とは、怪我や病気が発症した直後の患者を治療したり、先進医療や高度な技術を行なったりできるところ。この病院での理学療法士の役割は、運動機能の早期回復・早期離床を促すことです。レベルの高い医療が求められるため、自身の知識や技術を高めるには、最適な場所と言えます。回復期の病院は、急性期を過ぎ、全身状態が安定した患者に対し、集中的にリハビリを行なう病院。急性期よりも長時間集中的にリハビリを行なうことができるため、在宅復帰率が高いのが特徴です。療養期の病院は、長期の治療や療養が必要な患者が入院する病院を言います。急性期、回復期に比べるとリハビリの効果が得られにくくなってくるため、患者の日常生活動作を高めるリハビリを行なうようになります。

介護施設での理学療法士の活躍とは?

介護施設の運営を行なっている病院も多く、病院に勤務しながら介護分野の仕事にもかかわることができます。介護分野での理学療法士の役割は、要介護者・要支援者と認定された人に、介護保険施設や通所リハビリテーションで、身体機能の維持や日常生活動作の向上を目指すことです。

その他施設での理学療法士の活躍とは?

また、児童福祉施設や身体障害者施設で働く理学療法士もいますが、作業療法士に比較すると多くはありません。そこでの理学療法士の役割は、生まれつき障害を持った子どもや大人に対し、生活レベルの向上を図ることや、社会参加できるようにアプローチすることです。

このように、理学療法士は幅広い場で活躍しています。

理学療法士と作業療法士の違いとは

理学療法士の他に、リハビリを行なう職種に作業療法士があります。理学療法士は、怪我や病気により運動機能が低下した「部分」に着目しているのに対し、作業療法士は、食事、料理、掃除などのように、「生活をするための動作」に着目しています。人が日常生活で行なっているすべての活動が、作業療法で言う「作業」です。それは、着替えやトイレなどの日常動作だけでなく、家事や仕事、余暇を楽しむことも当てはまります。

作業療法士は、患者の身体と心の痛みを知り、その人らしく生きる手助けをする仕事。作業療法の方法には、遊びやスポーツを取り入れたレクリエーションや、ゲームや絵画、陶芸などの創作活動などがあります。作業療法士も国家資格であるため、大学や短大、専門学校で3年以上必要な知識や技能を習得しなければ、受験することができません。

ロード中
ロード中
ロード中

専門学校の春は、医療や美術、美容、調理など、様々な夢を持った生徒たちが入学することで、一段と活気づきます。多くの専門学校では二年制、もしくは三年制でありながら、四年制大学とあまり変わらない単位数を取得せねばなりません。四年制大学のほとんどが平均して一週間に一限90分を一週間12コマ程度で、年次が上がるにつれてコマが減って行くのに対し、専門学校は一限50分、一週間で17コマ程度進める必要があります。

年次が上がってもコマ数は変わることなく授業を受けなければなりません。そのため、このようなコマ割りをハードに感じる学生も多くいます。しかし、そういった忙しさの中、夢に向かって突き進んでいる専門学生にはそれぞれ「なりたい職業」への目標や夢があります。このような、目標や夢を持って「来春から専門学校へ通いたい」と考えている方たちに、来年の春が楽しみになるような専門学校情報をお届けします。

憧れの職業に直結!実践中心の技能教育が魅力

憧れの職業に直結!実践中心の技能教育が魅力

専門学校の一番の魅力は、自分の目指す職業に近い形で勉強ができることでしょう。机で参考書を広げて…という講義形式の授業も多くありますが、実際に現場で働いているプロを招いての講義も多く、手や体を動かす実習を中心とした授業も多くあるので、在学中から就職した際の具体的なイメージを持ちながら学ぶことができます。そのため、春から専門学校で学ぶ人は、充実した授業内容に驚くかもしれません。

また、四年制大学では学問に付随する勉強(歴史や日本史、社会的側面)なども掘り下げて勉強することが多くありますが、専門学校では実務に直結した勉強が中心。毎日のコマ数や学ぶ量が多く、きちんと予習や復習をしないと授業についていけなくなることもあるので注意が必要です。

入学までに、具体的な目標を持つことが大事

専門学校は、名前の通りその道においての専門性を高めるための学校です。それゆえ、選んだ学校で学べる専門的な分野以外のことを学習する機会や、資格を取ることがかなり難しいので、入学後にズレが生じないよう、志望校を定めるまでに具体的な目標を持つことが重要です。

また、学校によって学科名が同じでもカリキュラムの内容が全く違うケースがあるのも注意点です。専門学校の授業はバラエティに富んでおり、学校それぞれの強みを活かした独特の授業を展開することも多くあるので、自分の目標と合っているかしっかりとカリキュラムの確認をしてから専門学校を選んで下さい。

企業と密接に連携して技能や知識を修得する「職業実践専門課程」

近年、専門学校ではより企業と連携した実習や実技も多く行なわれています。それは2014年(平成26年)4月にスタートした文部科学大臣認定の「職業実践専門課程」が創設されたこと。それは、企業等と密接に連携して、最新の実務の知識・技術・技能を身に付けられる実践的な職業教育に取り組む専門学校の課程を、文部科学大臣が「職業実践専門課程」として認定します。簡単に言えば、「職業実践専門課程」と認定された専門学校の課程は、“職業に必要な実践的な能力を育成することができる”というお墨付きがあるということです。

また、企業が学生の評価にかかわったり、学校に対して実技の提案をしたりすることで、企業側が求める「即戦力になる人材」や実際の現場で必要とされる能力と、学校で教えることとのズレが軽減。これにより授業で連携している専門学校から、「ここの専門学生なら安心だ」と採用につながることも少なくありません。こういった就職後に通用する形での実践授業があるというのは、専門学校を選ぶ大きなポイントになるでしょう。

夢に向かってコミュニケーションの場を広げよう

専門学校の良い部分は同じ目的を持った者が集まっているということ。また、少人数制で授業を行なうところが多く、アットホームな雰囲気で専門知識を学べるのも専門学校の魅力。春は、そんな専門学校に入ってくる後輩を歓迎して、先輩が新入生歓迎コンパやレクリエーションなどを開いてくれる学校もあります。このような場へ出かけることは、同じ志を持った者同士の情報交換を行なうチャンス。不安に思っていることを相談できる先輩に出会える可能性もあるので積極的に参加してみましょう。

また、専門学校ではクラス制を取り入れ、レクリエーションとして日帰り旅行やバスツアー、ハイキングなどを開催するところも多くあります。このようなイベントを通じて、春から同期や先輩とのかかわりを増やせば、夢への視野も広がります。


専門学校とは、ある特定の職業に就く際に必要とされる技術や知識、資格を身に付けることのできる学校です。卒業と同時に専門分野の即戦力として働ける力が身に付くため、実技や実習が多いことが特徴。将来の夢がはっきりと決まっている人が多く、春の入学・卒業シーズンは夢へと向かう学生たちの希望に満ちあふれています。

製菓専門学校なら知っておきたいパンの日(4月12日)

製菓専門学校なら知っておきたいパンの日(4月12日)

1983年(昭和58年)にパン食普及協会により制定されたパンの日。このルーツは江戸時代末期まで遡ります。ときは1840年(天保11年)、中国でアヘン戦争が勃発し、日本にもいつ外国船が攻めてくるか分からない緊迫した状況であった頃、幕府は緊急の防衛策を講じました。そこで当時、伊豆韮山の代官であり、兵法家でもあった江川太郎左衛門はパンに着目。米を炊く際、煙で敵に居場所を示してしまう米飯に対し、パンは火を熾す必要がなく、保存性や携帯性も米よりも優れていたからです。早速長崎で製パン技術を身に着けていた作太郎という人物を召喚し、韮山にパン焼き窯を作成。そして初めてパンを焼いた日が4月12日であったのだそうです。このとき焼かれた乾パンは「兵糧パン」と呼ばれ、その後、各藩もこれに習いパンを製造・貯蓄したと伝わっています。

パン製造技能士

日本でパンが広まったのは江戸時代ですが、世界ではとても古い歴史を持っています。現在の日本ではホテルやベーカリーなどで、パン作り専門のシェフである「パン職人」が活躍し、お客様においしいパンを届けています。パン職人になるためにホテルやベーカリーで経験を積みながら開業を目指す人がいますが、若者に人気のパン職人への道がパンや製菓の専門学校と言えます。一言でパンと言ってもそれぞれに発祥の地があり、その国ならではの伝統のパンが存在します。専門学校ではパンの基本や製パン技術だけでなく、パン造りの本場であるフランス言語や、食品を扱う上で必要な食品学や栄養学、衛生学、またデコレーションや盛り付けに欠かせないデザインやカラーコーディネイトなども学ぶことができます。

また、日本には「パン製造技能士」という資格が存在します。この資格は特級・1級・2級とあり、すべて実務経験が必須な試験。専門学校を卒業したからといってすぐにパン製造技能士の資格を取得できませんが、専門学校や特定の養成コースを卒業するなどすれば、より早い段階で取得できるようになります。パン職人になるのにこの資格は必ずしも必要な物ではありませんが、取得することでキャリアアップに繋がったり、職場によっては技能手当が支給されたりすることもあります。専門学校を卒業しパン職人への第一歩を踏み出した暁には、ぜひ取得を視野に入れて実務に励んでみましょう。

国家資格の合格発表

専門分野の知識や技術を取得する専門学校では、資格に挑戦できる学校も多数あり、春には多くの資格の合格発表があります。資格には国家資格から民間の団体認定資格まで数多くの種類があり、中にはその資格がなければ仕事に就くことができない物も。学校も資格の取得率などを数字化して専門学校を目指す学生たちにアピールしていますので、自分の取得したい資格に力を入れて取り組んでいる専門学校を見付ける良い基準にもなります。

専門学校で取得できる主な国家資格

単位を取得することで卒業と同時に取得できる国家資格として、

  • 電気工事士
  • 測量士補
  • 幼稚園教諭
  • 保育士
  • 栄養士
  • 調理師など があります。

また、卒業することで受験資格が取得でき、試験に合格することで得られる資格は、

  • 2級建築士
  • 看護師
  • 歯科衛生士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 美容師・理容師
  • 製菓衛生師など です。

このように国家資格でも専門学校を卒業するだけで取得できる物もあれば、専門学校を卒業しなければ受験資格が獲得できない物があります。また卒業することと一定期間働いて実務経験を経てから受験資格が得られる物(1級建築士や電気主任技術者など)と、資格には条件が存在する物もあります。自分のなりたい職業はどのような資格が必要で、どうやって資格を取得できるのか、専門学校の入学前にしっかり調べておくことが必要です。


専門学校では、入学前のオープンキャンパスや入学後の新入生の手続きなど、春からスタートする行事がいっぱいです。

オープンキャンパス

オープンキャンパス

専門学校のオープンキャンパスは、すでに春からスタートします。オープンキャンパスは、ほとんどの学校が土・日曜日で行なっており、高校生やその保護者に学内を見学してもらったり、学校の専門性を活かしたデモンストレーションや体験学習を行なったりして、学校の良さをアピールします。例えば、美容系ならメイクやネイルアート、調理系ならランチやスイーツづくりの体験会などを実施して、学校の雰囲気や授業の魅力を参加者に直接訴えます。そのため、「体験入学」「オープンスクール」と呼んでいる学校もあります。遠方の学生に対しては無料バスツアーを企画したり、交通費を補助したりして、広域にわたって参加者を募っています。なお、学校によっては、オープンキャンパスの参加をAOエントリーの条件としているケースもあり、広く参加者を集めています。

また、オープンキャンパスと同時に入試相談会や学校説明会を開催するケースが多く、入試担当者や教務主任などが、入試の傾向をはじめ、学校の歴史やアドミッションポリシー、就職率、進路などを紹介したり、学生や保護者の相談を受け付けたりして、学生に志望してもらえるようにアプローチします。

奨学金制度の申込み

奨学金制度の申込み

専門学校では、入学試験に合格すると、4月の入学式の前に入学手続きがあります。入学手続きでは入学金や授業料を含めた初年度納入金を支払いますが、一般的に専門学校は実習が多く、学費も私立の大学と同じくらいのお金がかかります。こうした学生の経済的なサポートをするのが奨学金制度です。奨学金制度は、指定校推薦などを受けた者に対して、学校側が能力を評価して入学金などを免除する給付型奨学金と、学生側の理由で授業料など学費などを長期にわたって借りる貸与型奨学金があります。一般的に奨学金と言えば貸与型奨学金を意味する程、利用者が多くなっています。給付型奨学金においては返済義務はありませんが、貸与型奨学金は利子を含めて一定期間内に返済する義務があります。また、保護者の所得制限が設けてあります。

貸与型奨学金制度を利用する場合は、申込書類を学内説明会や学務課などで入手します。書類に必要事項を記入し、保護者の所得を証明するものや保証人の印鑑証明など必要書類を揃えます。申込用紙と必要書類を学校に提出し、審査を受けてパスすれば、奨学金を受け取ることができます。奨学金制度は専門学校によって異なる他、地方自治体、関連団体によっても奨学金制度を利用できるところがあります。