ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
専門学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

専門学校情報

調理師



調理師は、食品の栄養、衛生、食中毒、適切な調理法など関連分野の幅広い知識を持ち、安全で適切な料理を作ることができる調理のプロフェッショナルのことです。

調理師は国家資格であり、調理師免許を取得すれば、飲食店をはじめ病院や学校、会社の食堂や福祉施設など多岐に渡り活躍することができます。

調理師の資格

調理師として活躍する分野や、フィールド、仕事内容をはじめ資格を取得するための試験などをご紹介します。

調理師免許の取得方法

調理師になるには、「調理師試験に合格する」「調理師養成施設を卒業する」の二つの方法があります。

調理師試験に合格する
調理師法に基づいて都道府県知事が行なう国家試験に合格すれば、調理師免許を取得することができます。調理師試験は、例年1回、5月~11月頃に各都道府県にて行なわれます(一部の都道府県では年2回実施)。試験は複数の都道府県でのかけもち受験も可能です。調理師試験には受験資格があり、中学校卒業以上で、飲食店や惣菜製造業、給食施設などで計2年以上の調理の実務経験がある方が対象です。2年以上調理業務に従事したことの証明書が必要となります。受験資格の詳細は、各都道府県の担当課、または保健所までお問合せ下さい。詳しい試験の内容については、「調理師国家試験の概要」をご確認下さい。
調理師養成施設を卒業する
調理師試験を受験していなくても、厚生労働大臣が認可した調理師養成施設を卒業することで、調理師免許を取得することができます。
関連お役立ちコンテンツ

調理師の仕事

調理師が働く場所として代表的なのが、やはり飲食店です。ただ、一口に飲食店と言っても、料亭やレストラン、軽食店などのお店がありますし、料理の種類も和食、洋食、中華料理、イタリア料理などの各国の料理や、寿司屋、そば屋、カレー屋、ラーメン屋をはじめとした専門店など実に様々です。また、調理師は、飲食店以外にも食に関する様々な職場で必要とされています。

調理師の仕事
飲食店
調理師は様々な飲食店で活躍しています。また、自らお店を開業する方も多くいます。
病院の調理室
病院では、栄養士が作った献立に沿って、調理師が食事を作り患者に提供します。
学校・会社の給食施設
学校や会社などの給食施設で働き、安全な食事を児童や社員に提供しています。
スーパーマーケットの鮮魚、肉、惣菜売り場などの調理
飲食店だけでなく、食材を取り扱う売り場でも調理師が活躍しています。
その他
料理研究家やフードコーディネイターを目指したり、パティシエやソムリエなど専門的な職業に就く上でも、調理師免許はとても役に立ちます。

関連するその他の資格

関連するその他の資格

調理師は、安全で適切な料理を提供できる調理のプロですが、調理師に近い仕事や同じ分野で活躍できる場もあります。

下記資格は、調理師の資格を有効に活用でき、さらにスキルを高めることで、新しいフィールドが開けます。

栄養士

管理栄養士

スポーツ栄養士

製菓衛生師