ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

専門学校

専門学校情報

製菓衛生師になるには製菓衛生師専門学校がおすすめ!



「製菓衛生師」は、厚生労働省が認める国家資格です。お菓子やパンなど菓子製造業に就く者の技術向上や、公衆衛生面の維持のために重要とされています。

製菓衛生師の資格は、製菓や食品に関する職に就くために必ずしも取得しなくてはいけない資格ではありません。しかし、この資格があれば、食に関する専門知識や技術が備わっているという証明にもなり、就職や独立開業の際に大変有利と言えます。

そのため、製菓衛生師を目指している多くの方が、製菓衛生師専門学校で知識を学び、在学中に資格を得るか、現場で一定期間の実務経験を積みながら、資格取得に向けて勉強しているのです。

この記事では、製菓衛生師についてより詳しく紹介した上で、製菓衛生師専門学校で学べることの紹介や独学で勉強する方法について触れていきます。ぜひ、参考にして下さい。

製菓衛生師の制度について

製菓衛生師

1966年(昭和41年)、菓子製造業に従事する者のスキルや公衆衛生面の向上、また製菓技術の発達を増進する目的で「製菓衛生師法」が制定されました。
この制度確立をもって、製菓衛生師とは、都道府県知事から免許を受け、製菓衛生師の名称を用いて製菓製造業に就く者を呼びます。

なお、製菓衛生師は「名称独占資格」であり、都道府県が行なう試験の合格者に対して付与される免許です。もし、資格のない者が製菓衛生師を名乗って菓子製造業に従事すると、法律で罰せられます。

次に、製菓衛生師の試験について細かく見ていきましょう。

製菓衛生師の資格試験について

資格試験

製菓衛生師の受験資格を得るためには、以下の条件のいずれかを満たす必要があります。

  1. (1)義務教育を終えた者で、厚生労働大臣が指定する製菓衛生師養成施設において、1年以上、製菓衛生師としての必要な知識及び技能を修得した者
  2. (2)義務教育を終えたのちに、2年以上の期間を菓子製造業に従事した者

(1)か(2)のどちらかに該当することで、初めて、製菓衛生師の資格試験を受けることができるのです。

①試験科目

製菓衛生師の試験科目は、「衛生法規」「公衆衛生法」「栄養学」「食品学」「商品衛生学」・「製菓理論及び製菓実技」の6科目。出題形式は4つの選択肢から答えをひとつ選ぶマークシート方式です。
製菓実技では、「和菓子」「洋菓子」「製パン」の3分野からひとつ選択し、マークシートに解答します。その場でお菓子を作るという試験ではありません。

なお、職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号)の規定により、菓子製造技能士の資格保持者は、申請により製菓理論及び製菓実技が免除されます。免除を希望する方は、出願前に必ず各都道府県の試験担当までお問合せ下さい。

②合格率

例年、製菓衛生師の合格率は、全国平均でおおよそ60~80%と言われています。

合格基準は、全科目の合計得点が満点のうち、約6割以上。要点をおさえてしっかり勉強すれば、難易度はそれほど高くありません。原則として、0点の科目があると不合格となります。

③試験会場及び日程

製菓衛生師の資格試験は年に1回、各都道府県で実施されます。お住まいや勤務地にかかわらず、どの都道府県でも受験することが可能。
また試験日程は全国一律ではないため、受験日の異なる複数の試験会場で受験することができます。

ただし、製菓衛生士の試験に合格した後には、居住地の都道府県知事に申請しなければならない点には注意が必要です。

受験手数料は都道府県で異なりますが、大体10,000円前後になります。

製菓衛生師の主な3つのメリット

食品衛生責任者

製菓業界の中でも製菓衛生師の必要性は年々高まっており、受験者も増加傾向に。
製菓衛生師になると、どのようなメリットがあるのか、具体的に紹介していきます。

  1. (1)就職や独立に有利
  2. (2)独立開業時に必要な「食品衛生責任者」の講習が免除され、資格がすぐに取得できる。
  3. (3)国家資格のため、海外で働くときに「就労ビザ」がとりやすい

栄養や衛生などの幅広い分野の知識を証明できる製菓衛生師は、信頼性も抜群。就職や転職時のアピールになるだけではなく、独立開業や海外就職をなど目指す際にも、大変有利な資格なのです。

製菓衛生師を目指すための2つの方法

製菓衛生師専門学校で勉強

一般的に、製菓衛生師の資格を取得するためには、「製菓衛生師専門学校で勉強する方法」と「働きながら独学で勉強する方法」の2つの方法があります。

①製菓衛生師専門学校で勉強する方法

製菓衛生師専門学校で学ぶ

現在、全国には製菓衛生師専門学校は約100校以上もあり、製菓衛生師を目指して多くの方々が通っています。

製菓衛生師専門学校では、和菓子や洋菓子、パンなど製菓に関する幅広い知識を効率よく学ぶことができるだけではなく、最新の設備で実習が可能。コースによっては在学中に資格を得ることもできるのです。

なお、製菓衛生師専門学校には、1年制過程と2年制過程があります。1年制では製菓に必要な基礎を最短で学び、卒業後すぐに就職できることに対し、2年制では、より高度な知識や技術を習う他にも、商品開発など幅広い勉強を学ぶことが可能です。

どちらのコースも資格取得に向けた基礎や実践を勉強するという点では違いはありません。

学費は年間約150万円前後。卒業後にも手厚い就職支援を受けられるため、入学希望者は年々増えているのです。

②働きながら独学で勉強する方法

働きながら独学で学ぶ

中学校卒業以上の者、または同等以上の学力を有すると認められる者であって、菓子製造業界に2年以上の期間を従事している方であれば、受験資格が与えられます。そのため、製菓衛生師専門学校に入学せず、独学で勉強をするという方も少なくはありません。

現場で働きながら、知識やスキルを身に着けることができる上に、参考書や過去問題集や各都道府県が開催する講習会を利用すれば、さほど費用はかからないと言えます。

しかし、勤務しながらの勉強は時間の確保がしにくいというデメリットも。製菓に関する知識を総合的に学べる製菓衛生師専門学校に比べ、独学の場合は、和菓子なら和菓子、洋菓子なら洋菓子など、自分の就業先で扱っている分野しか学ぶことができません。

製菓衛生師の資格試験は、幅広い分野から出題されます。そのため、製菓衛生師専門学校の夜間部や通信講座を利用して、必要な製菓知識を補っていくことも手段のひとつです。

夜間部は昼間部に比べて学費も安いだけではなく、充実した試験対策を学ぶことができるため、利用する人も少なくはありません。

まとめ

お菓子やパン作りのプロである製菓衛生師は、厚生労働省が認める人気の国家資格です。製菓製造業に勤務したい方はもちろん、いずれ独立したい方やキャリアアップしたい方におすすめ。
しかし、製菓衛生師の受験資格を得るためには、製菓衛生師専門学校に通い知識を得るか、現場で働きながら一定期間の実務経験を積むのか、いずれかを満たさなくてはなりません。

資格試験は、実に幅広い分野から出題されるため、製菓に関する知識や技術を総合的に学習できる製菓衛生師専門学校に通う方が、資格試験合格への近道と言えます。

ページ
トップへ
TOP