ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

専門学校

専門学校情報

栄養士になるには栄養士専門学校がおすすめ!



「食の安心・安全」や「健康的な食生活」といった「食」に関する言葉をよく耳にするようになりました。「ダイエット」や「メタボ」といった話題も、情報番組などのメディアにたくさん登場します。そういった中、「食」に関心を持つ人だけではなく、食のプロと呼ばれる「栄養士」の仕事につきたいという人まで増えてきました。こうした健康的な食生活を提案する「栄養士」を目指す人におすすめしたいのが栄養士専門学校です。バランスのとれた食事の指導や献立の提案、また健康を維持する栄養や食材に関する知識など幅広く学べます。
ここでは、食の仕事にかかわる「栄養士」や「管理栄養士」になるための栄養士専門学校の情報についてご紹介します。

「栄養士」ってどんな資格?どんな仕事内容?

栄養士

「技術・家庭」の授業で、食品の栄養素や成分、調理の仕方や主菜、副菜といった献立について習ったことがあると思います。そういった知識を活かして働くのが「栄養士」の仕事です。栄養士は、栄養バランスの取れた献立作りをはじめ、機能性食品や新しい食材など、食生活に必要な知識を学びながら、人々の健康に役立つ食生活の提案をします。最近では、生活習慣病の予防のための食事提案や企業の商品開発など、栄養士に求められる役割も広がりました。そのためには食品衛生と呼ばれる目に見えない微生物についての知識や、加工方法や冷蔵・冷凍といった食品保存の知識も必要になります。このように食に関しての幅広い知識を持つ食のプロが「栄養士」なのです。

①医療や介護の現場においてニーズが高い

介護施設での栄養士の仕事

病院や介護施設での食事の献立や調理は、「栄養士」の重要な仕事のひとつ。高齢化社会が進む中で、生活習慣病の予防や健康管理における食事提案の需要も高まっています。また、介護施設などで行なう栄養管理や献立作りは、介護される者だけでなく、ケアする側のスタッフたちにとっても重要です。食事を通して予防ができ、健康を維持することのできる食事を提案することは、「栄養士」の大切な役目。いろいろな医療や介護の現場から、評価や期待が高まっているのです。

②外食産業やフードコーディネーターとして働くための知識も学べる

フードコーディネーター

最近は、「栄養士」の仕事も幅広く、レストランやカフェのメニュー開発といった食の提案から、メディアに登場し、食の魅力を伝えるフードコーディネーターの仕事、料理教室の講師など、多岐にわたっています。これらの仕事は、食材の選び方や献立の立て方はもちろん、食材の発注方法や原価計算といった経営に関することも必要です。また、最近では食のジャンルも日本料理や西洋料理といったものだけでなく、珍しい外国料理も人気。そういった新しい料理の知識や技術まで、幅広く習得できるのが「栄養士専門学校」です。人気の仕事につくにも栄養士の資格は役立つと言えます。

資格を取得するには、栄養士専門学校がおすすめ

栄養士の資格取得

「栄養士」になるためには、厚生労働省が認定した栄養士養成施設(栄養士専門学校等)で、規定の単位を取得することが必須です。単位を取得後、各都道府県へ免許申請の手続きを行なうことで、「栄養士」の免許交付を受けることが可能。そのためには、まず栄養士専門学校等の昼間部で、2年以上勉強する必要があります。栄養士の資格は座学に加え、実技や実習が必要となるため、夜間や短期スクール、通信教育などの独学では資格を取得することはできません。食に関する仕事を目指すのであれば、実技学習や実験といった実践を通して総合的に学ぶことができる「栄養士専門学校」がおすすめ。栄養士専門学校等で2年以上勉強することで、無試験で資格取得が可能となります。

転職やキャリアアップに「栄養士」の仕事は有利?

①ステップアップで「管理栄養士」への道

管理栄養士

「栄養士」の仕事をさらにステップアップさせるのが「管理栄養士」の資格です。管理栄養士とは、病院や学校などで、専門職として栄養指導を行なうための深い知識と十分な経験が求められる国家資格。栄養士専門学校等を卒業後、3年以上の実務経験を積むと受験資格が与えられ、国家試験を受験することができます。試験内容は、基礎栄養学や応用栄養学の他、医療分野もかかわってくるため、臨床栄養学や公衆栄養学といったハイレベルな知識が必要です。「管理栄養士」の資格は、合格率が約50%と難易度も高いのですが、取得することで、アスリートの栄養管理や病院などでの食事指導、食品会社などでの研究開発といった「食のエキスパート」として活躍することができます。

②社会人から「栄養士」を目指す

最近では、社会人になってから、「栄養士」の資格取得を目指す人が増えてきました。女性であれば、結婚や出産などのライフステージの変化があっても、再就職できる資格は魅力的です。「栄養士」のニーズは、病院、学校関係から、企業まで幅広く、再就職のチャンスも広がります。

また、ハローワークでは、新たに学ぶ人に向けた「専門実践教育訓練給付金制度」の申請が可能。一定の要件を満たした失業状態であれば、受講料の一部が支給される仕組みとなっています。こちらも合わせて問合せてみて下さい。

上記リンク先は外部のウェブサイトに移動します。

「栄養士」資格取得までにかかる費用と収入は?

栄養士専門学校の授業料は、短大に進学する場合の費用と同等で、1年間に約120~160万円と言われています。学費は決して安くはありませんが、仕事に直結しているため、進路を決める際、キャリアプランを描きやすいのがメリットです。

なお、就職した場合の栄養士の収入は、平均給与 23万9,600円、平均年収 約346万円。

厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」より

10人以上の規模の事業所で働く栄養士の給与月額男女計(平均年齢:35.0歳、勤続年数7.1年、所定内実労働時間数:167時間、超過実労働時間数:7時間)

まとめ

高齢化社会となった日本では、多くの人が食を通して健康を維持することが重要な時代となりました。そのため「栄養士」に求められる知識や技術も年々広がり、活躍できる職場も多くなっています。食は人々の生活に深くかかわるものです。専門的知識を要する栄養士の資格は今後ますます需要が伸びていくでしょう。転職や復職などもしやすく、やりがいのある「栄養士」という仕事にぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ページ
トップへ
TOP