ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト専門学校リサーチ

専門学校情報

教育訓練給付制度



国の失業者対策の一環として、「教育訓練給付制度」といった制度があり、再就職に有利となるように専門の技術や知識の習得を促進しています。

ここでは「教育訓練給付制度」の内容についてご紹介します。

「教育訓練給付制度」とは

教育訓練給付制度

一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)、または一般被保険者であった方(離職者)が、自らの費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部がハローワーク(公共職業安定所)から支給される制度です。

雇用保険の給付制度のひとつです。

目的

本制度は、働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的としています。

給付額

受講生本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費(受講費用)の20%に相当する額です。

10万円を上限とします。また受講費用が4千円を超えない場合は支給されません。

厚生労働大臣が指定する、教育訓練講座のみが対象です。

給付までの流れ

給付までの流れ

教育訓練給付までの流れは以下の通りです。

  1. 厚生労働大臣指定教育訓練講座を受講する。
  2. 指定教育訓練実施者から領収書もしくはクレジット契約証明書、教育訓練修了証明書(※)を発行してもらう。※講座の修了認定基準を満たす必要があります。
  3. 受講修了日の翌日から1ヵ月以内にハローワークに「教育訓練給付金支給申請書」にて申請する。
  4. 1ヵ月以内に、指定した銀行口座に給付金が振り込まれる。