施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト専門学校リサーチ

専門学校情報

カラーコーディネイトのイロハ



「色」の性格や特徴を知り、上手にカラーコーディネイトすることで、ステキな生活空間が演出されます。

色の基本

色の変化を楽しもう

色には色相、明度、彩度という3つの属性があります。色の基本を知っておくとカラーコーディネイトも上手になり、楽しさが見出せます。

色相
色は、赤、青、黄の3原色からできています。それぞれの色を混ぜ合わせてできる緑や茶色などの色合いを色相といいます。
明度
3原色の他に、色には白から黒までの無彩色があります。いろいろな色相に、白や黒を混ぜ合わせて生じる明暗を明度といいます。
彩度
同じ赤でも、赤と白の度合いによって、色に鮮やかさが生じ変化します。これを彩度といいます。

色彩の心理

色にも感情がある

色には様々な性格があり、見る人に様々な感情を生じさせます。

色彩の心理を知ることで、目的に合ったカラーコーディネイトの効果が生まれます。

赤色
赤色

人間の体の中に流れている血の色、命の証です。

生命力に満ちた、情熱の色です。活動的で、行動的なイメージが沸いてきます。

ワンポイントでも効果が生まれます。

オレンジ色
オレンジ色

色のもつ暖かさが、人を明るく楽しくさせてくれます。

みんなが集まる場所を陽気にしてなごませてくれる、輝く陽光のイメージをもっています。

茶色
茶色

都会には少なくなりましたが、土の色、大地の色、いわゆるアースカラーです。

地味ですが、円熟した大人の、シックで誠実な雰囲気を感じさせます。

黄色
黄色

春の陽射しを受けた明るく軽快な色で、幸せ感を伝えてきます。

花では、タンポポや菜の花を連想させます。

緑色
緑色

草や木の葉の緑は自然を象徴しています。自然の中にいるとホッとしますね。

緑は、室内でも人に安らぎと健康を感じさせる効果があります。

青色
青色

スカッと晴れた空、広々と見渡す海、青はすがすがしくさわやかです。

インテリアに取り入れると、明るく、清潔で、知的な効果をもたらします。

紫色
紫色

貴婦人のファッションにふさわしい色、高貴さと神秘さをたたえています。

使いすぎるとくどくなりますが、高級で優雅なイメージをつくります。

白色
白色

純白の白は純粋無垢な色です。清潔な色ですが汚れの目立つのも白です。

他の色が少し混じることで、様々のニュアンスがかもし出されます。

黒色
黒色

黒はネガティブな性格の色で、強いインパクトを発揮します。

ファッションにも好んで使われ、現代感とともに、和風の粋も感じさせます。

灰色
灰色

灰色は陰気でダークな性格を表しますが、落ち着いた大人の色でもあります。

インテリアには敬遠されがちですが、他の色を引き立てる効果があります。

インテリアカラーコーディネイトのコツ

ファブリックの色が決め手になる

季節に合わせてお部屋の模様替えをしましょう。日本の四季の豊かさを先取りしながら、お部屋の中に自然の情感を取り入れて楽しみます。

お部屋で大きなスペースを占めるカーテン、カーペット、ベッドカバー、そしてテーブルクロスなどのファブリックの色が、カラーコーディネイトの決め手となります。

まずはベースになる色を決める

まずは、ベースになるカラーを決めます。ベースの色と同系色でまとめるとシンプルになりますし、他の色を組み合せるとそれぞれに豊かな表情がつくり出せます。

ワンポイントとして、壁掛けや花瓶などに強い色や反対色を用いると、アクセントが付いて全体がひきしまります。

色の組み合わせ

色の組み合わせでイメージの変化を楽しむ

色の組み合わせで演出される様々な効果を、インテリアカラーコーディネイトに活かしましょう。

かわいい・フェミニン
かわいい・フェミニン

うすいピンクに、うすい黄色やうすいグリーンを配色すると、かわいい、フェミニンなイメージが生まれます。

大胆で・アクティブ
大胆で・アクティブ

赤い色に、青や黄色の原色を配すると大胆で、アクティブなイメージになります。

明るく・陽気
明るく・陽気

オレンジを基調に、暖色系の色を組み合わせると、明るく陽気なイメージが生まれます。

明るく・和やかな
明るく・和やかな

アイボリーに、明るいピンクやイエローを配色すると、明るく和やかなイメージになります。

新鮮・みずみずしい
新鮮・みずみずしい

うすいグリーンに、同系色や黄色、白を配色すると、新鮮でみずみずしいイメージが生まれます。

派手・華麗なイメージ
派手・華麗なイメージ

紫色に、赤やピンクを配色すると、派手で華麗なイメージになります。

お部屋ごとのカラーコーディネイト

季節に合わせて、好みに合わせ

色は毎日の生活と深いかかわりをもっています。お部屋の色が変われば、私たちの気分も大きく影響を受けます。毎日を楽しく暮らすためにも、季節や好みに合わせて、それぞれのお部屋をカラーコーディネイトしてみましょう。

リビングルーム

みんなが集まるリビングルームのベースカラーは、カーテンやカーペット、クッションなどの、比較的大きな面積を占めるファブリックをテーマカラーにしましょう。

パステルトーンのベージュやグリーンなどでお部屋全体を明るくまとめます。

ベッドルーム

カーテンやベッドカバーを同系色でまとめるとシンプルになります。ピンク系で明るさを、ベージュ系で落ち着きを、ブルー系でさわやかさを表現できます。季節や好みに合わせてカラーコーディネイトしましょう。

また、ワンポイントとして、壁掛けや敷物、そして花瓶などに強い色や反対色を用いてアクセントを付けます。

バスルーム

こころを癒してくれるバスルームは、さわやかさを感じるグリーン系や肌になじむクリーム系が清潔感をもたらしてくれます。

バスルーム全体を変えられませんので、ボディーソープの他、シャンプーの容器やお風呂のグッズでアクセントカラーを楽しみましょう。

トイレ

トイレは清潔感が決め手です。壁紙にはアイボリーなどの明るくて清潔感のある色をベースにしたものを用い、心身の癒しの場を演出しましょう。

関連お役立ちコンテンツ