ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
専門学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

専門学校情報

専門学校の推薦入試



専門学校の入学者の選抜方法は大別して2種類あり、推薦入試はその選抜方法のひとつです。推薦入試では学力試験を受けることなく、書類選考や面接などの選考を受けて専門学校の合否が決まります。

推薦入試の方法

推薦入試の方法

推薦入試では、一般入試のような学力試験がなく書類審査が中心となり、学校によっては、面接試験や小論文などの選考を課せられる場合もあります。また、推薦入試には学校推薦と、学校の推薦を必要としない自己推薦の二通りの選考方法が一般的ですが、中には指定校推薦を行なっている専門学校もあります。このように、推薦入試といっても学校により形態や選考基準は様々。自分の志望校にはどのような推薦入試制度があるのか、事前に調べることが大切です。

学校推薦

学校推薦

高校の学校長の推薦を受けて単願する受験方法で、学校によっては、進路指導教諭や学級担任による推薦でも可能という場合もあるようです。受験対象者として、高校卒業見込み者(既卒者は不可)や卒業後1年未満の人であることを条件にする学校もあります。主な選考パターンは、提出した願書と調査書による書類選考と面接試験、作文での判定となります。何よりも、出願分野への強い興味と、専門知識・技術の修得に意欲的に取り組もうとする姿勢が重視されます。

自己推薦

自己推薦

自己推薦入試とは学校の推薦を必要とせず、学校長の推薦書の代わりに自己推薦書の提出が必要です。学校によっては志望理由書、エントリーシートと呼ばれることもあります。高校生活での実績や特技が評価されるケースが多く、一芸に秀でている人が有利です。

推薦入試よりもエントリー受付開始時期が早くなりますが、AO入試(アドミッションズ・オフィス入試)も専門学校で増えています。専門学校で開催される体験入学や説明会で実施されるAO面談に参加することで、面談修了証を受け取ることができ、入学資格が与えられる学校もあります。この場合、自己推薦書の必要・不要は学校によって様々で、どの学校も重要視するのは本人の学習に対するやる気です。面談では、入学後にやってみたいことや将来の展望を問われ、学力試験では見えない受験生の個性を積極的に評価してくれます。

指定校推薦

指定校推薦

専門学校が指定した高校に対して推薦枠を与え、その指定校内で選抜された進学希望の学生が受験する方法です。

志望理由書や自己PRの書き方

志望理由書や自己PRの書き方

推薦入試やAO入試などを受験する際に、多くの学校で志望理由書の提出が求められます。書類審査の判断基準や面接で参考にされるため、入学に対する目的意識や意欲を的確にまとめることが大切です。なぜその分野を志望するのか、どんな学校生活を送り、将来はどのような社会人になりたいのかなど、学校生活のイメージを膨らませてみましょう。具体的に、取得したい資格や興味のあるサークル活動など、志望校だからこそできる内容にふれてみるのも意欲が伝わります。

願書の受付時期

願書の受付時期

推薦入試は10月1日からはじまる学校が多数です。専門学校の入学願書受付の中で最も早い出願はAO入学試験のエントリーに関するもので、6月から開始する学校もあります。地域や各学校によって日程は異なるので、詳細は志望校の絞りこみができたところで直接確認してみましょう。