ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
専門学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

専門学校情報

医療/福祉/介護系の専門学校



医療、福祉、介護は人々の生命を守り健康を維持し、生活や自立を支えるために重要な役割を果たす分野です。医師による治療だけでなく、予防、検査、リハビリテーション、緩和ケアなど各専門家との連携によって成り立っています。

医療関係の仕事

医療関係の仕事

医療分野の専門学校の多くは、厚生労働大臣指定の養成校となっています。それぞれの学科が資格や職業に直結しており、卒業と同時に国家試験が受けられるのが特徴です。看護師の職場は、主に病院など医療機関や、保健所や企業の保健室などがあります。従事する仕事は人の生命や安全に関わるため、看護師養成校は国公立が多く授業料も比較的安くなっているようです。

看護師・保険師・助産師の資格取得の流れ

看護師・保険師・助産師の資格取得の流れ

看護師養成学科には、高校普通科を卒業して入る3年課程と高校衛生看護科や準看護学校の卒業見込み者が入る2年の課程があり、卒業後に看護師国家試験を受けることができます。また、看護師養成校の卒業者は保険師養成所、助産師養成所への入学資格が与えられます。それぞれの学校を卒業すれば、保険師や助産師の国家試験受験資格が与えられます。

医療事務

医療事務

医療事務とは、病院や診療所などの医療機関内で診療費の計算や会計事務、請求業務、カルテの管理が主な仕事です。医療事務担当者になるには必ずしも資格が必要ではありませんが、医学や診療報酬制度などに関する専門的な知識が必要になるため、民間資格の「医療秘書技能検定」「診療報酬請求事務能力認定試験」といった資格の取得は就職に有利です。医療事務関連学科は、ビジネス系や福祉系の専門学校に多く併設されています。

リハビリテーション

リハビリテーション

病気や事故の後遺症や先天的な原因によって、心身に障害を持った人々が社会復帰できるよう、専門的な運動や軽作業を通じて動作能力を回復させる仕事です。関節の動きや筋力など、運動系の機能回復を目指す職種には、理学療法士や作業療法士、あんまマッサージ指圧師などがあります。音楽療法士は、音楽を聴かせたり、楽器を演奏させたりして心の健康回復を目指すものです。

福祉・介護関係の仕事

福祉・介護関係の仕事

高齢化社会を迎える現在、福祉や介護の需要が高まっていますが、まだまだ人材が不足している分野でもあります。身体の不自由な高齢者や障害者の心に寄り添いながらのサポートを必要されるので、コミュニケーション能力が求められる仕事です。福祉に関する専門知識や医学的な介護技術を身につけて介護を行なう介護福祉士や、福祉を必要とする人の相談にのり、援助する社会福祉士などの資格が注目されています。

介護福祉士

介護福祉士

身体が不自由な方の入浴・排せつ・食事・移動など、身の回りの介護を支援する専門家です。国家資格ですが、2年制の介護福祉科を卒業した場合は無試験で資格が得られます。また、介護施設などでの実務経験が3年以上ある場合は受験資格が得られます。

社会福祉士

社会福祉士

公的な社会福祉施設などに勤務し、窓口や相談者の家庭を訪問し相談を受けて助言します。この資格は、2年制の学校の場合は2年、3年制の学校の場合は1年以上の実務経験を積むことで国家試験が受けられます。

卒業後の主な職業

卒業後の主な職業

看護師、助産師、医療事務、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、言語聴覚士、義肢装具士、歯科衛生士、あん摩マッサージ指圧師、はり師・きゅう師、介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー(訪問介護員)、ケアマネージャー(介護支援専門員)、医療ソーシャルワーカー、ケースワーカー