ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト専門学校リサーチ

専門学校情報

フード系の専門学校



フード系の仕事には、調理師やパティシエ、クッキングアドバイザーなど、直接調理に関わる職種のほか、食生活のアドバイスをする栄養士、管理栄養士があります。

美食や健康志向、高まる食への意識

美食や健康志向、高まる食への意識

「外食を楽しむ」というライフスタイルは、現代の日本人の生活に根付いています。食の多様化が進むことで美食への関心も高まっており、今後、ますますフード業界の可能性は広がっていくでしょう。また、ダイエットや生活習慣病の予防など、栄養バランスを考えた食生活のコーディネートは栄養士の重要な仕事です。高齢化社会といわれる今、健康な体を保ち、より良く生きるためのキーワードのひとつが「食」といえます。

資格と職種

資格と職種

国家資格の調理師、栄養士・管理栄養士、製菓衛生士や、民間資格のフードコーディネーター、ソムリエなど、フード業界には様々な資格があります。働き方も、調理師として自分の店を持つこともあれば、企業や店舗の社員として働くこともあります。また、フードコーディネーターのようにフリーランスでメーカーと契約する場合もあります。

食ビジネスをマネジメントするフードコーディネーター

食ビジネスをマネジメントするフードコーディネーター

食の世界は細分化され、料理人や栄養士、商品開発者のようにスペシャリストが各分野で活躍しています。それらの分野を複合的にコーディネートし、食ビジネス全体をマネジメントするのがフードコーディネーターの仕事です。テレビや雑誌などのマスコミ媒体で料理をスタイリングする仕事が知られていますが、フードコーディネーターの活動はそれだけではありません。食品メーカーでの食品開発をはじめ、ホテルやレストランのメニュープランニング、産地での加工食品開発、撮影のフードスタイリングなどの多彩な活躍の場があります。食の専門知識をベースに、経営やマーケティング、マネジメントのセンスが必要となる仕事です。

調理師

調理師

調理師として働く場所は、レストラン、ホテル、学校や病院の食堂、旅客機の機内食と幅広く、日本料理や西洋料理といった料理のジャンルによって板前やコックなど調理師の呼び方が変わります。調理師資格は1年制の調理師科を修了すれば国家試験免除で習得できます。

栄養士・管理栄養士

栄養士・管理栄養士

栄養士の資格は、栄養士養成学校を修了してから各都道府県に申請すれば無試験で取得できます。食品や栄養に関する専門的な知識を学び、企業の食堂や福祉施設などの給食施設で、栄養バランスを考えた献立表の作成や、調理指導を行ないます。

管理栄養士になるには、栄養士の資格取得後、3年間の実務経験を経て国家試験を合格すれば資格を取得できます。給食施設での栄養指導員としての業務のほか、経理などの管理業務も行なうのが一般的です。

菓子製造技能士

菓子製造技能士

材料の選定から生地の調整、成形、仕上げまで、菓子製造に必要な技能を認める資格で、特級、1級、2級が設けられています。資格の受験には一定の実務経験が必要で、年数は学歴などによって異なります。

パン製造技能士は別の資格ですが、菓子とパンの両方の技術が学べる学校も増えてきています。

卒業後の主な職業

卒業後の主な職業

栄養士・管理栄養士、調理師、ダイエットコーディネーター、割烹料理人、すし職人、パン職人、レストランのシェフ、クッキングアドバイザー、料理学校の講師、和菓子職人、洋菓子職人(パティシエ)、食品メーカーの商品開発担当、バーテンダー、ソムリエ、フードコーディネーター、ティーインストラクター、料理研究家