ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト専門学校リサーチ

専門学校情報

マスコミ系の専門学校



マスコミにはテレビ局をはじめとする放送業界、新聞業界、雑誌や書籍を出版する出版業界、広告業界などの様々な職種があり、制作現場ではプロデューサーや記者、テレビカメラマンなど色々な職種の人が働いています。

バイタリティが求められる世界

バイタリティが求められる世界

「ヒット番組を作る」「最新のニュースをスクープする」など、自分が企画に関わった制作物が多くの人の目に触れることを目標にすることが大きなやりがいとなる業界です。好奇心やチャレンジ精神があり、地道な努力が成果を結びます。デザイン系の公的資格や民間資格もありますが、就職では資格よりも実力が重視され、活躍の場が与えられる世界です。公共性のある情報を多くの人に発信するマスメディアは、華やかな業界というイメージもありますが、一般的にマスコミ業界の仕事は拘束時間が長く、就業時間や休みも不規則なため、体力も重要な要素のひとつです。

TV、映像に関わる仕事

TV、映像に関わる仕事

専門学校の映像・放送関連学科には、番組制作を目指すコースや映像制作現場の技術者を目指すコースなどが設けられており、映像技術やビデオ編集、ミキシングといった映像の基本を学びます。映画やテレビなどの台本を書く人材を育てる、放送シナリオ関連のコースでは、ストーリーの構成や演出の方法を学習していきます。ドラマのシナリオライター、ワイドショーやバラエティーの構成作家など、その活躍の場は多岐にわたります。

番組作りには、統括責任者であるプロデューサーや指揮官の役割を担うディレクターをはじめ、多くのスタッフが関わっています。編集オペレーターのように番組制作に携わる制作業務や、カメラ、音響、照明のように特殊な知識が必要とされる技術者、放送電波を発信する送信業務など、あらゆる放送技術者の連携プレーから成り立っています。

雑誌・広告に関わる仕事

雑誌・広告に関わる仕事

雑誌や書籍の制作を管理するのが編集者の仕事です。イラストを描く、文章を書く、写真を撮るといった作業はそれぞれの専門家に任せ、制作進行に目を配るのが主な仕事ですが、取材や原稿執筆といった実務を行なうこともあります。媒体や内容、目的によって仕事内容が異なるため、専門学校では、まずはどんな媒体にも共通する編集の基礎を身につけるのが一般的です。新聞や雑誌などの広告のコピーを考えるのはコピーライターで、この仕事はテレビ・ラジオCMなどにも関わってきます。

デザインの分野でも、書籍、雑誌、新聞、広告などの印刷物のデザインを行なうグラフィックデザイナーの仕事はマスコミの仕事に大きく関わってきます。授業では、デッサンなどの基礎力からコンピュータを使った画像処理技術を習得していきます。

Webクリエイション

Webクリエイション

インターネットやタブレット型端末などの普及によって、ニュースや情報の入手方法に変化が起こりました。電子書籍の登場で、雑誌や書籍のあり方も今後変わってくることが予想されます。企業のホームページなどを制作するホームページデザイナーのように、Web制作の手法を習得する学科もあります。

卒業後の主な職業

卒業後の主な職業

プロデューサー、ディレクター、イベントプランナー、照明スタッフ、放送技術者、ビデオ編集オペレーター、レコーディングエンジニア、テレビカメラマン、雑誌編集者、業界新聞記者、スポーツライター、シナリオライター、コピーライター、グラフィックデザイナー、カメラマン