ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト専門学校リサーチ

専門学校情報

公務・保安系の専門学校



公務・保安業界は、人々が安心して暮らせるように公の立場で社会を支える仕事です。公務員は大きく分けて、国の機関で活躍する国家公務員と、地方の機関で市民生活に密着した仕事を行なう地方公務員があります。

高い志をもって社会貢献

高い志をもって社会貢献

公務員を目指す試験は、難易度や将来のコースによって分かれています。それに合わせて専門学校でも、国家公務員Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ種、地方公務員上・中・初級や、警察官・消防官・自衛官などのコースに分かれているのが一般的です。さらに、事務系職や技術職、自治体や公的機関ごとに異なる試験内容に合わせて対策をするなど、授業は試験合格を目指す内容が基本となっています。

公務員は、民間企業と比べて安定したイメージがあるため人気が高い職業です。そのため、就職は狭き門となっていますが、「市民の安全を守る」という使命感を持って公務に励むことができ、社会全体に貢献できるという実感が得られるため、やりがいのある仕事でもあります。

国家公務員

国家公務員

国家公務員は、財務省法務省外務省などの各省庁や、裁判官や国会などの国家機関に所属して公務に従事します。その内容は、国を動かすほどのスケールの大きな仕事であるため、グローバルな視野を持ち、使命感を持って仕事に取り組める人材であることが重要です。

特別職と一般職があり、国会議員、裁判官・裁判所職員、防衛省職員、特定独立行政法人役員などを特別職、それ以外の検察官、行政職職員、税務署職員などを一般職としています。

地方公務員

地方公務員

地方公務員は県庁や市役所など自治体に勤務し、住民が暮らしやすい生活環境を整える地域密着型の仕事です。地方公務員にも特別職と一般職があり、知事や副知事などの職が特別職、それ以外の職員が一般職となります。

一般的に地域の警察署や消防署が職場となる警察官、消防官、救急救命士のように、住民の生命や財産を守る職種もあれば、公立の学校、病院、福祉施設の職員、上下水道や清掃に携わる人まで、地方公務員の仕事は生活全般にかかわる広範囲に及んでいます。

社会変化への対応と必要な資質

社会変化への対応と必要な資質

公務員になるには、公正な視点を常に持ち、国民の役に立ちたいという奉仕の精神を持っていることが必要です。また、国の将来に関わる仕事でもあるため、刻々と変化する社会にも適応する柔軟さが欠かせません。警察官や消防士なら、国際化、ハイテク化する犯罪への対応や、高層ビルでの消火活動・救出など、様々なタイプの災害から人々を守る知識と技術を身につける必要があります。また、事故や火災の時はいつでも出動できるよう、交代制の24時間勤務や夜勤といったように変則的な勤務を求められるほか、危険な状況や緊急時での活躍が期待されるため、体力や判断力も必要不可欠な要素となります。

男女共同参画社会を目指す近年では、女性の採用・登用の割合も上昇傾向にあります。育児休業をはじめ、勤務環境の整備等に努めており、女性が安心して働きやすい仕事になりつつあります。

卒業後の主な職業

卒業後の主な職業

国家公務員、地方公務員、法務教官、国税専門官、警察官、自衛官、消防官救急救命士、海上保安官、救急隊員、入国審査官、刑務官