ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
専門学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

専門学校情報

IT/コンピュータ系の専門学校



国際化や情報化が進む現在、会社業務はもちろん、日常生活でも、コンピュータやインターネットを中心とするネットワークを利用した情報活用が盛んなIT時代です。オフィス業務もOA化されつつあり、モバイルツールを利用しての営業活動も一般的になってきました。このように、ビジネスの競争力強化から社内業務の自動化まで、コンピュータの技術や知識は欠かせないものになっています。

変化の激しいビジネス社会に対応する教育

変化の激しいビジネス社会に対応する教育

IT、コンピュータ系の専門学校では、ビジネス社会で即戦力となる実務能力を身につける教育が中心です。大きく分類すると、ソフトウェアの技術者を養成するシステム系の技術を身につける学科、ユーザーの立場から、情報システム活用の推進やセキュリティ計画などを学ぶネットワーク系の学科、コンピュータやビジネスソフトの操作方法を学ぶビジネス系の学科に分かれています。

システム系

システム系

顧客システムや会計ソフトなど、利用者の目的に合わせてコンピュータシステムを設計し、企業業務を支えるソフトを開発する技術者をシステムエンジニアといいます。そして、システムエンジニアが作成したコンピュータシステムに基づき、実際にコンピュータを動作させるプログラムを作るのがプログラマです。このように、情報処理関連の技術を学ぶ多彩な学科やコースが設けられており、コンピュータ技術にとって大切な、プログラミングの知識を実習中心に学んでいきます。シナリオに沿ってゲームを仕上げるゲームプログラマなどへ進む場合も、このプログラミングの技術が重要です。

ネットワーク系

ネットワーク系

今や世界をつなぐネットワーク。パソコンやサーバーなどの周辺機器を接続し、ネットワークインフラを構築・メンテナンスするネットワークエンジニアは現代に欠かせません。また、情報システムのオープン化にともない、コンピュータウイルスや情報漏洩が問題になっているため、セキュリティ面での対応も重要な仕事となっています。セキュリティ計画を作成して分析や見直しを行なう、情報セキュリティアドミニストレータの資格取得を目指すことも可能です。

ビジネス系

ビジネス系

一般企業内で、コンピュータの操作方法や活用をサポートするインストラクターの需要も増えています。ユーザーサポートは、一般ユーザーや社内から受けるパソコン操作についての質問や、業務に最適なソフトウェアをアドバイスする仕事です。ワープロ、表計算などのビジネスソフトの活用から、プロバイダー、レンタルサーバー、ネットオークションなど幅広い知識を学びスキルを高めます。パソコンスクールのインストラクターなどでは、コミュニケーション能力も重要な能力のひとつとなります。専門学校によっては、パソコンの知識の他に企画・経営やマーケティングスキルを学び、ビジネス系資格の取得に力を入れている所もあります。

卒業後の主な職業

卒業後の主な職業

プログラマ、システムエンジニア(SE)、ソフトウェア開発技術者、システムアドミニストレータ(シスアド)、Webマスター、ネットワークエンジニア、OA機器インストラクター、DTPオペレーター、プロバイダーのユーザーサポート、カスタマーエンジニア、セールスエンジニア、スクールインストラクター、コンピュータ事務