ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト専門学校リサーチ

専門学校情報

音楽/芸術系の専門学校



音楽系の専門学校は、歌手やミュージシャンをはじめ、コンピュータなどのデジタル機材を使った音楽制作、DJ、ピアノ調律師など、音楽に関わる様々な職業への選択肢があります。また、美を追求し表現する芸術系のジャンルも幅広く、画家や彫刻家のようなアーティストを目指す人から、芸能、ダンス、演劇のようにテレビや舞台といった芸能の世界を志す人もいます。

才能とセンスを開花させるきっかけづくり

才能とセンスを開花させるきっかけづくり

音楽や芸術系は、他の分野と比べると卒業後すぐに就職に結びつくとは限らず、自らのセンスと情熱で道を切り開いていく世界ともいえます。しかし、業界としてみれば職種も多岐にわたり、アーティストやバンドマンなどのミュージシャン以外にも、レコード会社のスタッフ、コンサートやイベントの企画・運営を行なう会社への就職という道もあります。また、楽器のデザインや組み立てを行なうクラフトマンや、楽器メーカーや楽器店に勤め、店頭に並べる楽器の最終調整や修理・調整を行なうリペアマンも選択肢のひとつです。その他の芸術系では、茶道や華道のように日本人の美意識や文化を学ぶ学科の他、フラワーデザイナーのように、ブライダル会場やレストランなど、様々なシーンを花で演出する技術を身につけられる学科もあり、自分のセンスを生かせる分野に特化した勉強ができるのが特徴です。

短大や大学との違い

短大や大学との違い

音楽系の専門学校が音楽大学・短大と大きく違うのは、入学の時点で音楽の専門的な教育を受けていない人も学ぶことができることです。専門学校では、楽譜の読み書きを基礎から勉強できるので、初心者でも「音楽や楽器が好き」という気持ちがあれば、設備が整った環境でミュージシャンやミキサーなどを目指すことが可能です。このように、初心者の入門を受け入れる傾向は、他の芸術系学科も同じです。

資格を取得して目指す職種

資格を取得して目指す職種

音楽業界を目指す人が取得できる資格がいくつかあります。国家資格「舞台機構調整技能士」を取得すれば、コンサートホールや劇場、舞台などの音響装置を扱う音響・PAエンジニアとしての活躍が可能になります。音楽電子事業協会が主催する検定「MIDI検定」のように、コンピュータを使っての音楽制作、通信カラオケデータ制作、ゲーム音楽制作などに必要な技術を身につけられるものもあり、パソコンが普及している今日では、その知識を生かして音楽の制作・監修ができる人材が多く求められています。また、ピアノを細部まで熟知し、美しい音色を作り出すためのメンテナンスを行なうピアノ調律師があります。これまでは各ピアノメーカーで認定試験や研修を行なってきましたが、2011年(平成23年)から、日本ピアノ調律師協会による「ピアノ調律技能検定試験」が実施されています。このピアノ調律技能士は、ピアノ調律業界で唯一の国家資格です。

卒業後の主な職業

卒業後の主な職業

音楽系

歌手、ミュージシャン、DJ、トラックメーカー、サウンドクリエーター、作曲家、作詞家、レコーディング・エンジニア(ミキサー)、ピアノ調律師、楽器クラフトマン、楽器リペアマン

その他芸術系

画家、イラストレーター、舞台美術、タレント、ダンサー、俳優、声優、書道教室講師、華道教授、茶道教授、フラワーデザイナー、フラワーコーディネーター