施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト専門学校リサーチ

専門学校情報

医療事務の資格とは?



病院、歯科医院、調剤薬局などで行なう事務の仕事を「医療事務」と言います。医療事務の業務は多岐に渡りますが、大きく「診療報酬明細書(レセプト)の作成」と「受付・助手業務」に分かれます。また、医療事務で就業するためには医療事務の資格が必要となります。

ここでは、医療事務の仕事内容から資格、専門学校、職場に関する情報をご紹介します。

医療事務の仕事

医療事務の業務は、大きく「診療報酬明細書(レセプト)の作成」と「受付・助手業務」の2つに分けられます。

診療報酬明細書(レセプト)の作成
医療機関は、患者ごとの「診療報酬明細書(レセプト)」を作成し、審査機関に提出します。
「診療報酬明細書(レセプト)」とは、医療機関が国や市町村などに対して医療費を請求するための明細書です。
通常、健康保険証を提示すると診察費に保険が適用され、患者の負担は2~3割(年齢や所得によって異なります)となり、残りの7~8割は国や市町村などの負担となります。この国や市町村などの負担分を請求するために必要な明細書が「診療報酬明細書(レセプト)」になります。
受付・助手業務
患者の受診受付や予約、保険証の確認、診察券やカルテの発行、カルテの準備・管理、患者の呼出し、薬剤に関する用法・用量の説明(院内処方の場合)、入退院の手続き、会計などの業務を行ないます。
この他に、大きな病院になると医院長や看護部長などのスケジュール管理やデータの整理、資料作成などを行なう秘書業務があります。

医療事務の資格

医療事務に関する資格は、厚生労働省が認定している公的資格が2つ(「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」「診療報酬請求事務能力認定試験」)、それ以外はすべて民間資格となります。また、医療事務の資格は、「医科病院」「歯科医院」「調剤薬局」の3種類に分類されます。

医科病院で従事するための資格

歯科医院で従事するための資格

調剤薬局で従事するための資格

  • 医療保険調剤報酬事務士
  • 調剤事務管理士技能認定試験
  • 調剤報酬請求事務専門士検定試験

専門学校で学ぶ医療事務

メリット

専門学校に通学して取得した方が、就職の際のサポート、求人情報が豊富であることから、独学や通信講座で学習して取得した場合よりも高いと言われています。

そして、専門学校では実習カリキュラムがあり、実際の医療機関で業務を学ぶことができ、自分のレベルを知りながら就職時の具体的な希望職種を決めることができます。

また、医療事務の分野に限らず、コースによってはビジネスマナーやパソコン実習、医療秘書の勉強など、幅広い分野のスキルを身に付けることができます。

デメリット

通信教育や民間のスクールの場合、3~6ヵ月の短期間でカリキュラムが修了する場合も多くありますが、専門学校の場合は2~3年間の通学が必要となり、大学にも劣らない入学金や学費などの費用が必要となります。

一般的には、高校卒業後の進路のひとつとして専門学校を選ぶ人が多いようです。

医療事務に関連した学科

医療事務学科、医療情報管理学科、医療OA学科、病棟クラーク学科、医療秘書学科、医療ビジネス学科、病院受付学科、医療情報学科、高齢者介護学科、医療福祉学科などがあります。

医療事務の職場

医療事務の職場には、主に以下の医療機関があります。

  1. ・病院(医院、診療所、クリニック)
  2. ・歯科医院(歯科診療所、歯科クリニック)
  3. ・調剤薬局
  4. ・看護ステーション
  5. ・訪問介護ステーション
  6. ・医療事務代行業者
  7. ・健康増進センター
  8. ・救急診療施設など