施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト専門学校リサーチ

専門学校情報

幼稚園教諭



幼稚園の先生(幼稚園教諭)になるためには、「幼稚園教諭免許状」が必要となります。「幼稚園教諭免許状」には、「一種免許状」「二種免許状」「専修免許状」の3種類があり、各都道府県の教育委員会から授与される国家資格で文部科学省が管轄しています。なお、混同されやすい保育士は、厚生労働省が管轄しており、別の国家資格となります。

ここでは、「幼稚園教諭免許状」を取るための情報をご紹介します。

幼稚園教諭免許状の取得

幼稚園の先生(幼稚園教諭)になるための方法、及び仕事の概要をご説明します。

「幼稚園教諭免許状」とは

「幼稚園教諭免許状」とは

「幼稚園教諭免許状」には、「普通免許状」と「臨時免許状」があり、普通免許状には「一種免許状」「二種免許状」「専修免許状」の3種類があります。一般的には「二種免許状」を取得する場合が多いです。「二種免許状」は「幼稚園教員資格認定試験」に合格すると取得することができます。

「臨時免許状」は、「普通免許状」を取得している者を採用できない場合に限って実施される都道府県の教育委員会の「教育職員検定」に合格すると取得できます。

幼稚園教諭になるまで

幼稚園教諭になるまで

文部科学省から教職課程の認定を受けている教員養成機関(専門学校・短大・大学・大学院など)で、教職に関する必要な科目と教科に関する必要な科目を修得し卒業したあと、都道府県の教育委員会に申請します。

大学院を卒業した修士は「専修免許状」、大学を卒業した学士は「一種免許状」、短大を卒業した準学士、または文部科学大臣の指定する専門学校を卒業した者には「二種免許状」が授与されます。また、3年以上の実務経験がある保育士が幼稚園教員資格認定試験に合格すると「二種免許状」を取得することができます。

教員になるためには、幼稚園教諭免許状取得後、都道府県・政令指定都市、または学校・法人による教員採用試験に合格し、採用される必要があります。

幼稚園の先生の仕事・職場

幼稚園の先生の仕事・職場

幼稚園の先生の主な仕事内容は、3歳から小学校に入学するまでの子どもに対して、音楽や運動、絵本の読み聞かせ、絵画、工作、食事のお世話、お遊戯など子どもの心身の発達を伸ばす教育。また、子どもの親との連絡事項のまとめ、運動会やお遊戯会の準備・運営などを行ないます。

幼稚園の先生の職場には、国公立の幼稚園(公務員)、私立の幼稚園、幼児教室、児童福祉施設などがあります。

関連お役立ちコンテンツ