施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト専門学校リサーチ

専門学校情報

保育士



保育園(保育所)などの児童福祉施設で働く「保育士」になるためには、厚生労働省管轄の「保育士資格」を取得し、都道府県へ保育士の登録をして「保育士登録証(保育士証)」の交付を受ける必要があります。なお、混同されやすい幼稚園教諭は、文部科学省が管轄しており、別の国家資格となります。

ここでは、「保育士資格」を取るための情報をご紹介します。

保育士資格の取得

保育士になるための方法、及び仕事の概要をご説明します。

保育士になるまで

保育士になるまで

保育士の資格を取得するためには、『厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校(大学・短期大学・専門学校)、その他の施設で所定の課程・科目を履修し卒業する』または『保育士試験に合格する』必要があります。

資格取得者は、都道府県の保育士登録を受け「保育士登録証(保育士証)」の交付をもって保育士として活躍することができます。

年齢を問わず長い期間活躍でき、正社員としてはもちろん、育児がひと段落した主婦の方にもパート・アルバイトとして勤務できるため非常に人気のある資格となっています。

保育士の仕事・職場

保育士の仕事・職場

保育士の仕事は、0歳から小学校に修学する前までの子どもたちの成長を助けるため、遊び、食事、着替えなど子どもの身の回りの世話や保護者に対しての報告、子育てに対するアドバイス、サポートなどを行ないます。

保育士の職場は、保育園(保育所)が中心となります。

この他に下記の施設があります。

  • 助産施設
  • 乳児院
  • 母子生活支援施設
  • 児童厚生施設
  • 児童養護施設
  • 障害児入所施設
  • 児童発達支援センター
  • 情緒障害児短期治療施設
  • 児童自立支援施設
  • 児童家庭支援センター

など

関連お役立ちコンテンツ