施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト専門学校リサーチ

専門学校情報

義肢装具士のお仕事



義肢装具士として、義肢(義手・義足)、コルセットなどの装具を製作するには「義肢装具士免許」が必要となります。この「義肢装具士免許」は、義肢装具士国家試験に合格すると厚生労働大臣から与えられる国家資格です。

ここでは、「義肢装具士」の資格を取るための情報をご紹介します。

義肢装具士の資格

義肢装具士として活躍する分野やフィールド、受験資格などをご紹介します。

義肢装具士の仕事

義肢装具士の仕事

厚生労働大臣の免許を受けて、「義肢装具士」の名称を用いて、医師の指示の下に、義肢・装具の装着部位の採型、義肢・装具の製作、身体への適合を行なう国家資格を持った医療専門職です。

義肢装具士の役割としては、採寸・採型、試歩行、適合の部分で、組立、仕上げについては製作専門の技術者が行なうことが多いです。

医師、看護師、理学療法士、作業療法士などの医療スタッフと連携を取りながら、患者や障害者の要望を聞き製作・適合を行ないます。

義肢装具士の大半は、医療機関に属さず、民間の義肢装具製作施設などに所属し、契約している医療機関や福祉関連施設、リハビリテーションセンターなどに出向いて業務を行なうのが一般的です。

関連お役立ちコンテンツ

義肢装具士になるまで

義肢装具士になるまで

義肢装具士になるためには、厚生労働省が指定する義肢装具士養成所(大学・専門学校)を卒業し、義肢装具士国家試験を受験して合格すると「義肢装具士免許」が得られます。

また、大学などで指定の科目を修得し、1年以上修業して、義肢装具士養成所において2年以上を修学することでも義肢装具士国家試験を受験する資格を取得することができます。

義肢装具士国家試験

義肢装具士国家試験

義肢装具士になるには、厚生労働大臣が所管している国家試験に合格しなければなりません。義肢装具士国家試験は、毎年3月上旬に行なわれ、以下のいずれかの条件を満たすと受験することができます。

受験資格

  1. 文部科学大臣が指定した学校、または厚生労働大臣が指定した義肢装具士養成所において3年以上、義肢装具士として必要な知識、及び技能を修得した者(3月下旬までに卒業する見込みのある者を含む。)
  2. 大学・高等専門学校、または厚生労働大臣が定める学校、もしくは養成所で1年(高専は4年)以上修業し、かつ厚生労働大臣の指定する科目を修得した者で、養成所において2年以上義肢装具士として必要な知識、及び技能を修得した者(3月下旬までに卒業する見込みのある者を含む。)
  3. 職業能力開発促進法の規定に基づく義肢、装具の製作にかかわる技能検定合格者で養成所において1年以上義肢装具士として必要な知識、及び技能を修得した者など
厚生労働大臣の指定する科目
ア.心理学、倫理学、社会学、人間発達学、社会福祉学のうち1科目
イ.数学、物理学、生物学、数理統計学のうち2科目
ウ.外国語
エ.保健体育

義肢装具士国家試験の概要

義肢装具士国家試験は、義肢装具士法に基づいた国家試験で、毎年3月上旬に行なわれます。

試験日・合格発表

義肢装具士国家試験の概要
試験日
毎年3月上旬
合格発表
合格発表:毎年3月下旬

試験会場

東京都

試験科目

臨床医学大要(臨床神経学、整形外科学、リハビリテーション医学、理学療法・作業療法、臨床心理学、関係法規を含む。)、義肢装具工学(図学・製図学、機構学、制御工学、システム工学、リハビリテーション工学)、義肢装具材料学(義肢装具材料力学を含む。)、義肢装具生体力学、義肢装具採型・採寸学、義肢装具適合学

申込方法

受験する場合は、公益財団法人テクノエイド協会に受験に関する書類を提出します。

受験願書受付期間
毎年1月中旬~1月下旬
受験手数料
59,800円(収入印紙)
必要な物
受験願書、顔写真(縦6cm×横4cm)
該当者に応じ、修業証明書(または修業見込証明書)、卒業証明書(または卒業見込証明書)、義肢装具士国家試験受験資格認定書のコピーなど受験資格を持っている証明をする書面。
※詳細は、厚生労働省のホームページをご参照下さい。

合格率

義肢装具士国家試験の合格率は、80~90%台となっており、しっかりと所定のカリキュラムを習得していれば、難易度の高い試験ではありません。