施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の専門学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト専門学校リサーチ

専門学校情報

はり師のお仕事



はり師として、東洋の伝統医学に基づく施術などを行なうには「はり師免許」が必要となります。この「はり師免許」は、はり師国家試験に合格すると厚生労働大臣から与えられる国家資格です。

ここでは、「はり師」の資格を取るための情報をご紹介します。

はり師の資格

はり師として活躍する分野やフィールド、受験資格などをご紹介します。

「はり師」とは

はり師

はり師は、東洋医学(療法)に基づき金・銀・鉄などの金針をツボなどの患部に刺すことで刺激を与え疾病の予防や治療を行なう仕事です。

一般的に「はり師」と、「きゅう師」の資格保持者を「鍼灸師」と呼びます。また、この2つの他に、東洋医学(療法)である「あん摩マッサージ指圧師」の3つの資格を取得している者を「鍼灸マッサージ師」や「三療師」と呼びます。

はり師になるまで

はり師になるまで

はり師になるためには、厚生労働省が認定した養成施設(専門学校)にて修業年数3年以上、はり師となるのに必要な知識、及び技能を修得し、はり師国家試験を受験して合格すると「はり師免許」が得られます。

はり師国家試験

はり師になるには、厚生労働大臣が所管している国家試験に合格しなければなりません。はり師国家試験は、毎年2月下旬に行なわれ、以下のいずれかの条件を満たすと受験することができます。

受験資格

はり師国家試験
  1. 高校卒業後、文部科学大臣の指定した学校、または厚生労働大臣が認定した養成施設(専門学校)において3年以上、はり師として必要な知識、及び技能を修得した者(3月下旬までに卒業する見込みのある者を含む。)
  2. 著しい視覚障害者については、高等学校に入学することのできる者で5年以上、文部科学大臣の指定した学校、または厚生労働大臣が認定した養成施設(専門学校)で必要な知識、及び技能を修得した者など。

はり師の職場

はり師の職場

はり師の職場には、鍼灸治療院や整形外科病院、リハビリテーション施設などの他、老人介護施設やトレーニングルーム、エステティックサロンなどがあります。実績を積んだあと、治療院を独立開業する人もいます。

鍼灸・マッサージに関連する資格コンテンツ